福岡 引越し 安い

福岡から引越しする場合の料金相場は?高いの安いの?

突然ですが、福岡から引越しする場合の料金相場は?高いの安いの?と困っていませんか?

  • 福岡から引っ越す場合の料金相場は?
  • 福岡からの引越し料金を安くするコツは?

この記事でこれらの悩みを全て解決します!

 

福岡から引っ越す場合の料金相場は?

 

福岡から引越す場合の料金相場を距離別にまとめると以下の通りとなります。福岡には九州管内のみで展開している引越し業者が多いため、相場としては東京や大阪から引っ越す場合よりも多少割安です。

 

福岡の通常期(5~2月)の引越し料金相場

単身 2人家族 4人家族 5人家族以上
~20km未満 1.7万円~ 5万円~ 7万円~ 8万円~
~50km未満 2万円~ 6万円~ 11万円~ 13万円~
~100km未満 2.5万円~ 6.5万円~ 12万円~ 15万円~
~300km未満 3.5万円~ 8万円~ 14万円~ 17万円~
~500km未満 4万円~ 10万円~ 16万円~ 19万円~
~1000km未満 7万円~ 15万円~ 20万円~ 27万円~

 

 

福岡の繁忙期(3~4月)の引越し料金相場

 

単身 2人家族 4人家族 5人家族以上
~20km未満 3万円~ 7万円~ 10万円~ 12万円~
~50km未満 4.5万円~ 8.5万円~ 12万円~ 14万円~
~100km未満 5万円~ 9.5万円~ 13.5万円~ 15.5万円~
~300km未満 5.5万円~ 10万円~ 15万円~ 18万円~
~500km未満 5.8万円~ 12万円~ 20万円~ 22万円~
~1000km未満 8万円~ 16万円~ 23万円~ 29万円~

 

福岡の引越し業者も他の地域と同じように、通常期と繁忙期で料金に差をつけています。しかし、他の地域は繁忙期が2~3割程高めになるのに対して、福岡は2割程度のアップに留めている業者が多いのが特徴です。

 

大手の引越し会社は割増額が高めになりますが、九州地方のみで営業している引越し業者は割増額も良心的なことが多いのでよく調べてみましょう。

 

福岡からの引越し料金を安くするコツは?

 

福岡で引越しを依頼する際に料金を安くするコツは以下の通りです。面倒でもできるだけ対応して引越し料金を少しでも安くする努力をしましょう。

  • 大手と中小の業者をよく比較する
  • 値引き交渉でできるだけ値引きしてもらう
  • 繁忙期を避けて通常期に引越しをする
  • 平日または夜間に引越しする
  • ダンボールの数を減らす努力をする

 

大手と中小の業者をよく比較する

福岡県には大手から中小まで多数の引越し業者が存在します。この中からできるだけ安い業者を見つけるには、面倒でもしっかり比較をしなければなりません。まずは複数の業者から見積を取り、それぞれの業者の特徴を把握することから始めましょう。

 

引越し業者を比較してみると、引越し料金のアップになるポイントがそれぞれ違うことがわかります。

  • 引越しの距離区分が短い業者と長い業者がある
  • ダンボールの数が何個までなら追加料金なしかは業者によって違う
  • 引越し作業の時間帯区分と追加料金も業者によって違う
引越しの距離区分が短い業者と長い業者がある

引越しは距離が長くなればなるほど料金が高くなりますが、その距離の区分は業者によって異なります。「~50kmまで、~100kmまで、~300kmまで」と距離区分を長めにしている業者もあれば、「~20kmまで、~50kmまで、~100kmまで」と短い距離区分の業者もあります。

 

引越し料金を安くするためには、自分の引越し先までの距離を正確に出し、どの業者の距離区分が一番安くなるかを確認することが大事です。

 

ダンボールの数が何個までなら追加料金なしかは業者によって違う

引越しの料金内で運べるダンボールの数は業者によって異なります。例えば、50個までは追加なしで運んでくれる業者の料金が10万円だとします。これに対し30個までは追加なしで7万円の業者にダンボールを15個追加して45個にすると引越し料金が9万円だと言われたら、荷物をなんとか45個のダンボールに詰め込めば1万円安くなるのです。この点も見積を取得した際に確認してみましょう。

 

引越し作業の時間帯区分と追加料金も業者によって違う

引越し料金は午前中が高く夜間が安いと言われていますが、何時から何時までを午前中とするか?夜間とするか?が引越し業者によって微妙に異なります。

  • A社:午前9時~12時、午後13時~17時、夜間17時~21時
  • B社:午前8時~12時、午後13時~19時、夜間19時~22時

A社とB社を比較すると、一日の時間区分が微妙に異なるのがわかります。例えば、引越し作業を夜にして少しでも安くしようと思った場合、A社を選ぶと運がよければ17時から作業をしてもらうことができ早めに引越しが終わります。逆に仕事の後に引越しをしたい場合はB社を選ぶと19時以降の作業なので安心です。時間区分もしっかりチェックしてから引越しを依頼しましょう。

 

値引き交渉でできるだけ値引きしてもらう

引越し料金は、荷物の量、引越し時期、移動距離、などによって変わる仕組みになっており、定額ではありません。その為、値引き交渉で値下げしてもらうことが可能です。引越しをする際には数社から見積を取り、それぞれを比較しながら値引き交渉を必ず行いましょう。

 

繁忙期を避けて通常期に引越しをする

引越しには繁忙期と通常期があり、引越しが集中する3~4月の繁忙期は通常よりも引越し料金が高くなります。引越しを少しでも安くするなら、通常期である5月~2月に引越しをしたほうが良いでしょう。特に3月に引っ越したいと考えている方は、少し早目の2月に引越ができないか検討してみましょう。

 

平日または夜間に引越しする

引越しは平日と夜間の料金が安くなると言われています。どうしても土日に引越ししたい場合でも、夜間を選ぶと料金が多少安くなります。平日でも週の半ばとなる火曜日や水曜日は特に安くなるので、この曜日を狙って引越しを依頼することができないか検討してみましょう。

 

ダンボールの数を減らす努力をする

引越し料金を安くする手っ取り早い方法はダンボールの数を減らすことです。引越しが決まったら不要な荷物や家財を早めに処分し、できるだけ荷物が少ない状態にしておきましょう。

 

ダンボールの数が減れば引越し料金が安くなるだけでなく、引越し作業も早く終わるというメリットがあります。荷造りや荷解きも楽になり、新居もスッキリして住みやすくなります。何年も使わずに保管しているものや着ない服はどんどん処分しておきましょう。

 

福岡の引越しをできるだけ安くしよう!

福岡は九州地方の主要都市なので、引越し業者も多数存在し引越しの作業数もとても多い地域です。福岡から引っ越す場合の料金を少しでも安くするには、多数ある業者をしっかり比較して自分に合った業者を見極めることが大事です。しっかり値引き交渉をし、納得できる料金で引越しをしましょう。